店長日記

138

渋谷SEIBUのA館7階に、天然石LOVERSのためのいこいの空間が出現中。

 

静かな環境でゆっくりと天然石と時間を共にしていただけます。

 

デパートでは通常あり得ないようなお得価格で製品から素材までご用意しています。

 

いろいろと随時追加していくつもりですので、たまにチェックにいらしてくださいね!!

 

下記の日には店長鈴木も行っている予定です。

9/8(火),9(水),10(木)

 

尚、9/11(金)~13(日)は秋葉原ミネラルマルシェに出展しますので、そちらもよろしく!!

当社は今度9/1(火)より
渋谷SEIBUのA館7階にて
天然石やパールファンのための楽しい空間をご用意することになりました。

 

デパート内とは思えないようなお得な特別価格
ミネラル系の展示会以上に充実した楽しいコーナーにしたいと思います。

 

材料やパーツ、原石などを特価で出しますので、

ご自分で作って販売なさっている方の仕入れにもお勧めです。

 

現品限りの目玉商品もたくさん展示予定です。
目玉商品は基本、追加不可の売切れ御免ですが、
随時何かしら新しい目玉アイテムを追加しますので、
ぜひお時間をみつけて遊びにいらしてくださいませ。
(ささやかなプレゼントもご用意しています)

 

密にはならないゆったりとした空間ですが、
マスクはお忘れなく。

 

ネットを介しては伝わらない天然石の波動を浴びにきてくださいね!


9月いっぱい開催予定です。(その後はまだ未定です。)

ご来場日時がおわかりになられるようでしたら、
お知らせいただければ、できるだけ当社スタッフが対応できるようにいたします

(開店時間が長いため、当社スタッフが不在の場合もありますことをご容赦ください。

不在の際に御用の節はお向かいのジェニュインのスタッフにお声がけくださいませ。)

 

おすすめ商品の冒頭が、黄色系、山吹色系の、いわゆるゴールドっぽい輝きの石でいっぱいになっているのは、

この色が店長のマイブームだから。

(みうらじゅんさん創作のマイブームという言葉は今も流通しているのだろうか?)

 

きっかけは八面六臂のご活躍をなさっている尊敬する知人が、コロナの時代を意識して「免疫力を高める」をテーマにパワーストーン情報を独自に集め、その結果シトリンのブレスレットを当社でお求めくださったこと。

その後「効果あり」の感想を頂き、彼女が言うならそうかも、とその気になったこと。

 

石に何かしらのパワーがあることは、潜在的に世界中の人々が感じていることみたいです。

 

人類共通のイメージとして、ゴールドは王者や権力者の色と言われます。

そのためか、黄色系の天然石は、金運UPや豊かさとよく結び付けられます。

そしてその豊かさは人々に分け与えるためのもの、とも。

 

話は飛びますが、昔キッチンの流し(シンク)にクッション性のある敷物を敷いていて、しばらくブルーの敷物を敷いた後、レモン色の敷物に変えたら、シンクのサイズは同じなのに、それまでよりはるかに大きく見えたことが強烈な記憶として残っています。

 

そんな訳で、あふれるような豊かさを感じさせる色として、黄色系、ゴールド系はぴったりだと思います。

 

シトリンのパワーストーン効果にはデトックスというのもありましたので、ご自分が豊かになると同時にまわりにも幸せをこぼしていくと、心身のバランスがよくなるかもしれません。

いろいろな効果を狙って、あなたも今度は黄色系、ゴールド系の素材をおつけになってみてはいかがですか?

 

 

 

人生にはまさかという坂がある、と言われますが、
まさかこんな時代が来ようとは、
という展開のコロナ騒動。

でも実は新しいウィルスによる脅威は何年も前から言われていたそうです。
予想されていたからといって、そんなに用意できるものでもないかもしれませんけどね。

予想されていると言えば、大きな地震が近い将来起こることは、日本では確実視されています。
用意できるなら対策を考えておいた方がいいでしょう。
必須なのは、食料(特に水)と、トイレ問題、でしょうか?

もう一つ予想されているらしいのが、なんと彗星の衝突。
彗星が地球にぶつかる可能性は実は結構あるそうで、
インターネットが世界に開放されたのは、その予測があったから、という面があるそうです。
(「生き方は星空が教えてくれる」木内鶴彦著より)

ウィルスや彗星は、個人でなんとかなるものではありません。
地球規模で人類が協力しあわないと。

これからは地球内では戦争をやめて力を合わせられる時代が来るのでしょうか。
今はまさかでも、まさかがあるのが人生、ですよね。


当社は現在、コロナウィルス対策のため休業させていただいております

ネットショップは開いておりますが、今いただいているご注文の発送は通常より少々お時間をいただく場合があります。(詳しくは個別にお知らせいたします。お急ぎの場合はその旨お知らせください。)

 

尚、当社への電話は、弊社担当者に転送されますが、

電話の転送は会社の番号のみ表示されるため、おかけいただいた時点でとれない電話は、おかけくださった方が特定できません。

大変恐縮ですが、電話がつながらなかった場合は時間をおいて再度おかけ直し下さいますようお願い申し上げます。

 

当社の代表アドレス sbk@sankow.com へのメールは、

できる限り迅速に対応いたしますが、万一24時間以内に返信がない場合は、申し訳ありませんが再送していただきますよう平にお願い申し上げます。

その他の当社関連アドレスには対応しておりませんので、あしからずご了承ください。

 

皆様にはご不便をおかけしますが、感染拡大を防ぐためということで、ご理解ご了承をお願い致します。

 

皆様もどうか油断なさらず、換気の良い所で、空間を開けて過ごし、手洗いうがいを励行なさってくださいませ!

コロナウィルスが世間を騒がせています。

高齢者や持病のある方など、免疫力の弱った方がかかると重症になりやすいとか。

 

 

免疫力を上げるにはどうすればよいか?

 

基本は栄養と睡眠をよく取り、規則正しい生活をすること、でしょうか。

 

ところで波動療法というある種の代替医療の分野においては、「」が波動的に免疫力を上げるのだとか。門外漢なので詳しくはわかりませんが、そういうことはあり得る気がします。

 

ウィルス対策のためにも、またウィルスのためだけでなくても、他人への愛、自分への愛、忘れずにいたいと思います。

 

ちなみに石の波動としては、ローズクォーツ、ロードクロサイト、ロードナイトなどのピンク系の石が愛を増進する波動を出しているそうです。(当社コラム【パワーストーンって?】をご参照ください)

何をやってもやらなくても、

時間は過ぎ、

また新しい年がやってきて、

またひと月が過ぎました。

 

今これをお読みの方は、

まだ人生から卒業していないので、

まだまだいろいろとあることでしょう。

 

良いことも大変なこともあるでしょうが、

何があっても

時間は一番の癒しと言われます。

 

とにかく「今」を乗り越え続ければ、

自然に癒しへたどりつける、ということかな?

 

何をやってもやらなくても時がたつのなら、

誰かの癒しになれることを願いつつ、

今は心💛をこめて天然石ジュエリーをお届けしたいと思います。

( ^-^) _旦💛

皆様どんなお正月でしたか?
年々正月らしさがなくなっていくとも言われますが、
流れている時間の区切りとして、年の変わり目を皆で祝うのは、良い風習だと思います。

今年は56年ぶりの東京オリンピック。スポーツ観戦には興味のない店長ですが、それでもオリンピックはちょっと見てしまいそう。
平和の祭典と言われますから、世界平和に貢献できたらいいですね。

オリンピックのボランティアに応募している知人も何人かいます。予想に反して、倍率は高いそうです。高校生がなかば強制的に動員されているのでは、という噂も聞きましたが、無理しなくても、時間と体力にまだ余裕のあるリタイア世代がボランティア供給源としてはねらい目だったかもしれません。

若い人だけでなく、高年齢世代にもできることはやっていただいて、力を合わせて良い時代を作っていけるといいですね。

今年もストーンヘンジは一丸となって皆様の幸福度UPを目指してがんばります!
宗教関係は深入りしない人が多い日本ですが、逆に色々な宗教にこだわりなく接する人が多いのも日本でしょう。

クリスマスも、信者じゃなくても心おどる行事として親しんでいる人はたくさんいるのではないでしょうか。

当社の社長がクリスチャンということもあって、店長は信徒ではないですが、たまに教会に行く機会もあります。お寺もそうでしょうが、教会も誰でも入れるし誰でもミサに参加できます。

キリスト教にも色々な流派(?)があるようですが、店長がたまに行くのはカソリック(カトリック)のミサ。
そのミサの中で一番好きなのが、「主の平和」とか言って周りの人に分け隔てなくご挨拶する部分。前後左右の人に(知り合いでない人にも‼)笑顔で会釈するだけなのですが、なんか心温まります。

クリスマスが世界の人々にとって平和で心温まるものになりますように。
先日の国際宝飾展(卸しの展示会)では、傘と売上が吹き飛ばされそうな暴風雨が一時吹き荒れたにもかかわらず、国内外から大勢のお客様がいらしてくださいました。

海外からのお客様はほとんどが中国と韓国から。
日本の地理的環境を考えれば当然ですよね。
今はいろいろ国際間の問題があるようですが、会場にいらした中国や韓国の方々は本当に素晴らしい人たちばかりでしたし、少なくとも草の根レベルでは仲良くしたいものだと思いました。
   *****

さて、今度11月の15~17日に第一回恵比寿ジュエリーマルシェが開催されます。
これは今までにないジュエリーの催しになる予定です。
主催はミネラルマルシェという鉱物関係の展示会を全国で展開している組織の関連会社。

ミネラルマルシェはお子様連れのご家族からマニアックな大人まで楽しめる催しで、
子供のお小遣いで買える石から、大人がカードで清水の舞台から飛び降りるつもりで買ってしまうものまで、幅広く展示されています。
もちろんぶらぶら見ているだけでも楽しいです。

そんな楽しさをジュエリーの世界に広げてみよう、ということで、当社でも、石ファンのための楽しいジュエリーが
お小遣い価格から、清水の舞台価格まで、登場します。
もちろん見に来るだけでも楽しいです。

特に、在庫一掃価格のものは、二度と出会えない品質と価格でしょう。だって卸し価格より安いもの。
仕入れのためのプロはもちろん、一般のお客様にはめったに出会えない価格多数!
遠方からいらしていただく価値のある展示会です。


会場にはクローク(コート、荷物、ベビーカー、預かります)、カフェスペース(本格的なコーヒーが出ます)、土日には託児所(ママも気兼ねなく見られます)をご用意しています。
入場無料です。


暑さ寒さはずっと続くかのように感じていても、季節は確実に移っていきます。

残暑長すぎ!と思っていたら、秋の虫の声が聞こえるようになり、
神田川のほとりを歩いていたらトンボとすれ違いました。

アメリカ大統領がグリーンランドを買いたい、と言ったらしいですが、その背景には、温暖化で北極付近でも氷が溶けてきて、そのあたりの手つかずの希少鉱物が採掘しやすくなるので、争奪戦が始まっていることがあるらしいです。
大きな目で見ると、地球はあったかくなりつつあるらしいです。
それも大きな目で見ると、自然なのでしょう。

自然のアート作品と思っている美しい天然石も、地球環境の産物です。

鉱物も宝石も、ケンカのタネにするのでなく、できればその有用性や美しさをシェアしたいものです。

貴方がステキに天然石を身につけていれば、貴方自身が新しいアート作品。
だから、おしやれは環境美化への貢献だと思っています。
まわりの目をどうぞ楽しませてください。

秋のおしゃれを楽しむ貴方も、自然の一部ですから、
きっと美しくて力強い存在です。
宝石のように輝いてくださいますように!

先日テレビで見た【激レアさんを連れてきた】では大海原で数日にわたる漂流の末に救助された方が登場。

もはや完璧に絶望的な状況の中、クジラがまわりを泳いでいるのに気づいて、【よし、この際クジラをしっかり見てやろう】 と思ってクジラを追いかけていたら、助けてくれる船に出会ったそうです。

 

これに似ている、と思いだしたのが、世界的スキーヤーで登山家の三浦雄一郎さんが山で雪崩(なだれ)にあい、巻き込まれてクルクルと転がりながら【なんという贅沢! 】と思った、という話。次に気づいた時は、奇跡的に雪崩のてっぺんに座っていたそうです。

クルクル回りながら、うまいこと自分が上に来たところで、雪崩が止まったのですね。ウソみたいに。

 

もう一つ似ていると思ったのが、脳卒中から生還した脳科学者ジル・ボルト・テイラー女史が、自分が脳卒中になったと気が付いた瞬間の感想...【Wow, this is cool! (うわぁ、ステキ!)】

自分の内側から脳卒中を観察できる脳科学者なんていったい何人いるだろう、と思ったとか。

 

絶体絶命のピンチでも楽しめたら、面白くて奇跡的な展開が呼び込めるのかも。

そうでなかったとしても、いつでもなんでも面白がれたらいいですね。

ちなみにタイトルは聖書の言葉。実行すると御利益あり?!

 

梅雨どきで暗い気持ちになりそうな時は、きれいな色や輝きの天然石ジュエリーで明るく楽しんでみるのも一つの手ですよ。

今年の目標はネットショップのアップデート頻度をふやすこと、と思っていたのですが、あまり増えているとは言えず、早くも反省。

元号が切り替わる、というレアな機会に、また気持ちも新たに頑張りたいと思っています。

令和もよろしくお願いします。


ところでみんな知ってるかもしれませんが、
感心したのは令和と西暦の換算法。
令和の年数にレイワ(018)を足すと西暦の下2桁、
西暦の下2桁からレイワ(018)を引くとレイワの年数になります。
うまいこといきましたね。
花の季節

   わりと肌寒かった3/24の夜、

東京では桜がだいぶ咲いているのをあちこちで見かけました。

 

花びらの色の明るさが夜空に浮き上がり、

昼よりも豪華に見えました。

 

写真は近所で満開のピンクの花。

大きな木いっぱいに花がついていました。

 

幹はサクラの木にしか見えないのですが、

モモの花の一種らしいです。

中国原産で、江戸時代に日本でいろいろ品種改良がおこなわれ、種類が豊富なのだとか。

 

歴史がちょっとずれれば、

この花の下で毎年全国で花見をしていたかも。

 

 

桜の季節

会社のそばの中学校に、いっぱい花をつけている桜の木を発見。

河津桜という静岡で65年前(1953年?)に発見された品種で、2月末から3月初めに開花する早咲きの桜の一種だそうです。

 

昨年12月に寄贈されたと案内板にありましたので、このあたりでは新顔の桜です。

 

「チェリー・イングラム 日本の桜を救ったイギリス人」という本を読んだところ、

「桜」とは「3月末から4月初めに1週間だけパーッと咲いて、いざきよくパーッと散っていくソメイヨシノ」のこと

とばかり思っていたのですが、

実は非常に種類が多く、咲く時期や期間も多様なのだそうです。

以前、春のロンドンに行った時、電車の中からあっちにもこっちにも桜とおぼしき木が見えて、

桜ってイギリスでもポピュラーだったんだ、と思った覚えがあります。

それは明治時代にイングラムさんがイギリスに持ってきた多彩な品種の苗が大事にふやされていたからのようです。

 

桜の魅力を堪能できる季節がまた今年もめぐってきました。

桜色のジュエリーでもつけてお出かけしてみませんか?

 

(写真:河津桜 2019/02/25 東京)

中国人が人口的にも経済的にも世界で注目度を高めている中、世界中の中国人が祝う旧暦のお正月も昔に比べると認知度が高くなった気がします。

中国の工場を使っている企業だと、工場が一か月前後止まってしまう旧正月のお休みは無視できない行事でしたが、
今は【中国人が世界中に旅行に行くまとまったお休み】として、世界の人々に知られるようになっています。

ちなみに今年の旧正月の元旦は2月5日。
今の時期、たくさんの中国人観光客で日本各地がにぎわいそうです。
日本の経済にとってありがたいお客様というだけでなく、戦争のような悲劇を二度と繰り返さないためにも、おもてなしの心で接して草の根で仲良くする機会になればいいなと願っています。

会社が銀座にあった時は世界中からのたくさんの観光客を日々目にしていましたが、
ここ御徒町でも実は非常に多くの外国人観光客を見かけます。
世界に名をはせるアキハバラが近いせいか、観光客向けのこじんまりしたホテルも多いようです。

外国人が道に迷っていそうなら、声の一つもかけてみようか、と思っています。

週3回更新をめざす、

と新年の目標に掲げましたので、実は律儀に週3回は何かしらショップに手を入れています。

 

商品更新とは限らないので、見た目気付かれないかもしれませんが、

パワーストーンの項目を増やしたり、展示会情報を新しくしたり…。

 

ただいま年一回の大きな展示会開催中で、UPしたいものがあってもなかなかできなくてすみません。

 

一段落つきしだい新商品または再入荷商品を登場させる予定です。

また遊びに来てくださいね!

 

ところで、寒いので皆様インフルエンザになりませんように。

手をよく洗うのと、( 口の中で菌が増殖するので ) うがいや歯磨きが効果的だそうですよ。

 

 

目標、というのは一種のイメージング。

その意味できっと目標を立てた方が実現に近づきやすいのでしょう。

 

皆さんの今年の目標はなんですか?

宣言して実現しなかったら恥ずかしい、という気持ちもあるかもしれませんが、

ここはたとえ笑われてもバカにされても大胆に宣言してしまいましょう

(↑自分に言ってます。)

 

今年の店長目標は、

もっと更新数を増やすこと。

毎日更新が理想ですが、

過去の実績から見ていきなりハードル上げても挫折するだけなので、

まずは週に3回、という目標から始めたいです。

 

楽しんでいただけるショップをめざしますので、

今年もどうぞよろしくお願いします!

 

 

日本の歴史で乱世といえば、まず戦国時代。それから明治維新や第二次大戦直後も。
今までのシステムがこわれ、社会が変わりました。

今の日本は、長く平和が続いていますが、
静かに乱世に突入している気もします。
ネットや仮想通貨による経済の変化、老人の増加、人口の減少、などで。

中国では文化大革命が最近では一番の乱世でしょう。
中国が一般の人も行けるようになってまだ日が浅い頃、訪問する機会があり、
そのへんにいる人々が皆、肩の力が抜けきったような、リラックスというか、けだるいというか、独特の雰囲気だったのが印象的でした。

あきらめきっていたのかもしれませんが、
その「どうでもいい」みたいな姿勢は生き延びるのに有効だったんだろうな、と思いました。

大変な時こそ、肩の力を抜いた方が、いい知恵も浮かぶだろうし、
自分で自分を追い詰めることも少ないでしょう。

リラックスは、いつの時代も大事。
これからは毎日どこかのタイミングで深呼吸してリラックスするのを習慣にしようかと思います。
みなさまもいかがですか?
先の見えない時代です。
(いつだってそうですが)

そこで一つ、最近友人から聞いて感銘を受けた話をシェアしたいと思います。

海外旅行で乗ったバスが事故に合い、1~2列目の人は全員亡くなり、3列目に座っていた当時大学生の女性(友人の同級生)は深刻なケガを負ったものの生き延びたそうです。
その彼女、何年にもわたるリハビリと整形手術を受けて、最後は事故にあったとはわからないほど回復したそうです。
その過程で、鼻の修復手術の時、「どうせ手術するなら、この女優さんの鼻にしてください」とお気に入りの女優の写真を持っていったそうです。
その写真を渡された医者は「これだけの事故にあってへこたれないでいられるのは男でも難しい。この状況でこのような考えを持てる貴女は偉い!絶対に直る!」と感心したそうです。
彼女は友人に「ほめられちゃったわよ」と報告。そして、その後は乗り物に乗る時は先頭は避けているそうです。

何に感銘したかというと、
ひどい目にあっても絶望せず、なんならいっそ前より良くなってしまおう、
という姿勢。

昔のアメリカ映画はどんな苦境にあってもユーモアを持って乗り越えていってしまうというパターンが多かった気がしますが、それを思い出しました。

いつなんどき、どんなことに出会うか、誰もわかりません。
ひゃーっ((+_+))と思う事態に出会ったら、
この話を思い出そうと思います。