店長日記

138

会社の引越し以来、
今年はちょっとネットシヨップが手薄になり、
楽しみに見に来てくださる方々には申し訳なかったです。

もうちょっとだけ待っていてください!

出番を待って待機中の商品多数ですので、
目標の「毎日更新」に向けて
早くなんとか体制を整えたいです。

それまでは皆様に向けて
たくさんの石たちと共に、
毎日💛愛の波動を送ってま~す。

きのうまでジャパン ジュエリー フェアという卸しの国際宝飾展に出展してきました。

 

華やかな会場はそれなりに楽しい空間でしたが、人口が減りつつある日本、というのを感じる場でもありました。

 

当社はお得意様に多数ご来場いただき、参加した甲斐がありましたが、

熱気を帯びたバブルの頃とは違う静かな充実感という感じです。

 

昔デンマークに行った友人が「街の静けさに寂しさを感じた」と言っていて、

少子高齢化の先進国はどうしても寂しくなっていくのかな、と思っていたら、

今やデンマークはヒュッゲ(くつろぎの団欒?)という言葉に代表される幸せ先進国。

日本もこれからやってくるであろう新しい静けさがホッとするくつろぎを生み出すといいな、と思っています。

 

( ヒュッゲの意味がピンとこない方はネットで検索してみてください。今、世界的にホットなキーワードになっているようです。)

 

8/4(土)・5(日)に

東京国際展示場(通称ビッグサイト)で

【癒しフェア】が開催されます。

 

当社も、水晶がどなたかの癒しになるかもしれない、と思い、水晶ジュエリーをたずさえて初参加します。

 

当日は入場料1,000円で、けっこう一日中楽しめそうです。

店長が昔、本屋さんで平積みになっている面白そうな本から選んで買った本の著者も、何人かゲストとして参加なさるようです。

講演会やワークショップは無料や有料、いろいろあります。

 

当社のブース番号はS3-27

東第3ホールの一番奥の飲食コーナーの手前、小さいブースが6個一組になった島の角にあります。

暑いさなかではありますが、水分補給しつつ、お時間のある方は遊びにいらしてくださいね。

今年は世界的に暑いし、はんばでない土砂降りも多いみたいですね。
日本では本格的な猛暑が例年より早くやってきた気がしますし、先日訪れたイギリスでは冷房のない電車も多い土地柄なのに線路が暑さにやられて運休が多数発生していました。
タイでは豪雨で洞窟に取り残された子供たちがいますが、日本でも各地で雨による被害があるようです。

数年前に見たアル・ゴアの「不都合な真実」という映画を思い出します。
(温暖化で水害がふえる、と予測していました)
人類はどこまで行っても試練が待っているような・・・。

生きてることそのものが奇跡、と感じる今日この頃、
今日も生きてる奇跡を味わいつつ、
今をしっかり生きたいものです。
銀座から御徒町に引っ越して来る時、
少なくともランチの選択肢は、銀座より数の上でも質の上でも、下がることを覚悟していました。

ところが現実は予想外!
国際色豊かなレストランが多数あり、わりと美味しく、ボリュームたっぷり。
平均的なランチ価格は税込850円と銀座より安め。
もちろん和食系もいろいろあり、毎日選ぶのに困ることはありません。

同じ東京、しかもわりと馴染みのある地域と思っていた所でも、少し深く入ってみると意外な面があるものですね。

今、社内を癒し空間を兼ねたショールームにするべく奮闘中。
いらしていただける体制がととのったら、この辺のランチを探索がてら、遊びに来てください。
5月はやっぱり一番気持ちの良い季節の気がします。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

引越しから早くも一か月がたちましたが、
各種展示会が続き、新オフィスも設営の不備を直したりで、多忙な日々。
ネットショップに新しいものをUPするのがお留守になっていてすみません。

新しいオフィスは癒し空間にすることが目標💛
絨毯の色は明るいグリーンにして、
引越し祝いにいただいた観葉植物を配し、
縁起ものグッズでもある永久に水が循環し続ける水晶玉飾りなども置いてみました。(どんなものか想像つかないですよね。よかったら見にいらしてください)
5月の空気の気持ち良さを一年中感じられるような空間にしたいです。

が、肝心の商品(素材と完成品)の飾りつけが、什器の強度の問題で遅れてしまい、これから、という状況。
まだ遊びにいらしていただくには早いですが、
そのうちぜひいらしてください。
御徒町(おかちまち)に無事引っ越しました。

まだいろいろと手を加えたり整理しないといけない部分がいっぱいですが、
どんどん気持ちの良い空間にしていきたいと思っています。

場所を少しでも作りたいので処分することにしたものがいろいろあるのですが、
ほとんど使ってないもの(綺麗なネックレス台やリング台等)や、古くても何の問題もないもの(たとえばリングのサイズを測る金属棒とか)は
100円ショップか無人野菜売り場のようにしてショールームの片隅に置いてみようかと思います。
だいぶ処分したのですが、どうしても捨てられないものだけでかなりの量になり、
新たに買えば結構するものですし、欲しい人にとってはきっとおもしろい掘り出し物がいっぱいですよ。

まだちょっとお客様をお迎えするには失礼なほど散らかっていますが、
そのうち是非多くの方に遊びにいらしていただきたいです。


桜が全国的に早く咲きそろい、東京はもはや葉桜。でもそれはそれで綺麗です。

今は桜だけでなく、いろいろな緑や花々がボリュームたっぷりに活き活きと新芽を萌え出させています。

春爛漫の候、当社は半世紀以上にわたって拠点を置いていた銀座の地を離れ、
4/16(月)より東京のジュエリータウン御徒町にて業務を開始することになりました。

仕事というのは誰かの役に立つためにあるもの。
皆様の幸せ度UPをめざし、楽しくて美しいものを提供していけるよう、気持ちも新たに取り組んでいきたいと思います。

今までのあたたかいご支援に深謝申し上げますとともに、
今後ともご愛顧をたまわりますよう、
よろしくお願い申し上げます!

3月は3日がひな祭り、8日が国際女性デー*(1)、14日がホワイトデー、と女性がメインのイベントが続きます。

 

先日テレビで「女性専用車両」をなくそうと活動している団体がいると報じていましたが、皆さんはどう思われますか?

ちなみに女性専用車両とは、満員電車で通勤する女性を痴漢被害から守るために一両だけ女性専用と表示した車両で、通勤時間に限り有効なものです。

だから満員電車と縁のない路線には存在しないでしょうし、満員電車に乗らない人には関係ない話でしょう。

 

「女性専用車両」を作るのが一番簡単な解決だ、という結論が出るほど痴漢被害の多い路線があったのは事実のようです。

そしてそれが男女平等に反すると反対したくなった男性陣がいるようです。

女性がそこにかたまって乗って、女性専用車両が他の車両と同じくらい混んでいれば文句は出なかったかもしれませんが、少しでも他より空いていると、ちょっとちょっと、と思ったのかも。

 

満員電車の痴漢被害をなんとかしようと考えた末の策で、

男女平等ではないかもしれないですが、

そもそもスタートに男女の違いがあるわけで、

男女平等に反するからと反対しても大きな解決にはならないような・・・。

まぁ、乗りたい男性はご自由にどうぞ・・・。

 

女性のためのお祭りは男女を区別していますが平等でないとも言えません。

幸せ度UPの観点から見たら、いろんなタイプのお祭りがある方が世の中楽しい気がします。

 

一人一人が違いを大事に、違いを楽しみ、自分も人も大切にしたいですね。

自分へのご褒美や人へのプレゼントには当ショップをご活用くださいませ。

 

*(1)国際女性デー?と首をかしげられた方は、こちらをご覧ください。☞ストーンヘンジ鈴木のブログ【国際女性デー】

 

 

 

新年のとらえ方はいろいろあるようで、
節分を新しい年の区切りとする考え方があると最近聞きました。
一方、旧正月と呼ばれる月齢(太陰暦)をベースにした新年の区切り方もあります。
最近は世界中で中国からのたくさんの旅行客を迎える時期となった旧正月は、今年は2/16が元旦。
震災直後は銀座でも完璧に姿をみかけなくなった中国人観光客。最近はしっかり復活しています。今年の正月休みも日本にもたくさん来てくれるでしょうか。

ところで今年にはいってからまだあまり商品UPしてなくて申し訳ありません。
今年は当社にとってもいろいろ変革の年。
少し落ち着いたらまたここだけの面白い商品をポチポチと上げていきますので、
今年も忘れずにたまには遊びに来てください!
ついに平成も30年目に入りました。
今年は天皇が退位なさるので
30年で平成が終わり、新しい年号になります。

どんな時代になるのかな。
皆様のこの一年が、
そしてこれからの時代が、
幸せなものとなりますよう祈念しています。

当社にとっては
目標は引き続き幸せ度をUPすること。

お客様の幸せ度UP
社内の幸せ度UP
社会の幸せ度UP
地球の幸せ度UP
を夢見ています。

夢は大きい方がいいですよね。
皆様といっしょに大きな夢を見て
実現に向かって歩んでいきたいです。

今年もどうぞよろしくお願い致します。



2009年12月にこのネットショップをオープンして、今年で8年目。

 

いつもお越しくださる方々、ご愛顧いただきありがとうございます。

初めていらしてくださった方、リピーターの多いサイトですので、ぜひまた長いおつきあいで御自分だけの掘り出し物に出会っていただければと願っています。

 

さて、8周年にあたり、気持ちも新たにスタートするつもりです。

 

時代は常に動いています。デパートは統廃合の時代を迎え、通信販売は媒体数のものすごい増加で飽和状態と思えるほど。

大きな変革の時期にあると言えそうです。

 

そんな環境下で当社も、今までとは違うことを試みていかなくては、といろいろ試行を重ねています。

 

いつも素敵な品、お得な品、他にない品、面白い品、等々が探せるサイトとして【お気に入り】に登録しておいていただけるよう頑張ります!

一年の経つのは早いもので、

もう11月?!

 

11月の誕生石はトパーズ。

トパースはインペリアルトパーズとも呼ばれる黄色が代表的な色とされますが

希少性が高くてお値段も高いので、

黄色のトパーズをイメージさせるシトリン(黄水晶)を

『シトリントパーズ』と呼んで11月の誕生石に代用していました。

シトリンも美しいので、代用品扱いはかわいそうですけどね。

 

天然のトパーズはコランダム(ルビーやサファイヤの鉱物名称)とおなじく

いろいろな色のものがあるそうです。

天然の色のトパーズそのものがめったにみかけないので、あまり見た記憶がないですが…。

 

天然の色のトパーズだけど、近年まではあまり注目されず、最近になってよくみかけるようになったのが

ホワイトトパーズ

白いだけではダイヤや水晶の人気に隠れてインパクトがなかったのか

昔は(今も)処理をしてブルーに変色させ、ブルートパーズとして流通していました。

ブルートパーズは、一度処理したら変色もなく、実に美しいブルーの各色ができるので、

1970年代の登場以来、ずっと人気者です。

 

さて、ホワイトトパーズですが、

近年、マシンカットの極小粒が煌めきも綺麗で

ホワイトトパーズの新しい魅力を引き出しています。

 

ホワイトトパーズは、

なんといっても本物のトパーズで、

しかも処理なし。

誕生石として気軽に身に着けるには理想的かもしれません。

 

トパーズがラッキーストーンの方にもお勧めです。

10月の誕生石はトルマリンとオパールが一般的。ウィキペディアを見たら最近はローズクォーツも加わっているようです。

 

誕生石の誕生については諸説あるようですが、パワーストーンの効能や、占いがどうして始まったか、などと同じで、なんとなくそういうのをどこかから“受信”して広めた人がきっといるのでしょう。

ちなみに石の効能(パワー)については、中国では鉱物漢方、インドではアーユルヴェーダの一種として古くから学問のように学ばれることもあるようです。

 

誕生石を身に着けるとお守りになるという説があり、店長も自分の誕生石をペンダントに仕立てて、お守り気分でたまにつけています。

 

という訳で10月の誕生石を「おすすめ商品」の冒頭にちょっと並べてみました

 

10月の誕生石を使った「おすすめ商品」冒頭の12点のどれかをお買い上げになられた方には10月がお誕生日の方はもちろん、そうでない方も、10月限定でささやかなプレゼントをおつけします

(気まぐれなプレゼント企画ですみません。いつでもどんな商品にも『楽しいことがいっぱいありますように』という私たちの願いと祈りはこめています!)

 

パワーストーン的な側面についてはパワーストーンって? をご覧ください。(緑の字をクリックするとそのページに飛びます。石名のアイウエオ順で並んでいます。)

 

 

 

   宝石の業者を対象にした宝飾展は世界各地で開催されており、日本でも年に何回か開かれています。

 

しかし世界的に有名な大きな展示会となると数は限られ、アジアでは香港が一番でしょう。

 

なぜなら香港は

フリーポート (関税がかからない) なので原材料輸入が安くでき、

巨大加工地の中国とは地続き、

イギリス統治時代を経験して西洋とも距離が近く、

世界のお金持ちが遊びにやってくる観光地でもある、

という条件がそろい、香港のジュエリー業界の規模を自然に大きくしていたからです。

 

一方、日本は消費地としてはバブル期をピークに栄えましたが、製造分野を含めた宝飾業界全般が香港を越えるような規模にはなりませんでした。

 

そして今や高齢化と格差社会の広がりから、日本は消費者層の縮小の季節を迎えているようです。

先日開催された国際宝飾展の一つは、そのせいかちょっと寂しかったです。

宝飾業者がなくなるということはないでしょうが、業界の縮小は避けられない流れでしょう。

この仕事に対する愛情や情熱がないと生き残れないと思いますし、情熱を注いでも生き残れるかどうかはわかりません。運も必要です。

 

運をつけるには人に親切にするのがいいらしいです。

ご縁のあったお一人お一人に心をこめて対応していきたいものだと思います。

 

 

8月になりました~。

8月は夏休み本番。

でもどんな楽しいことも永遠ではなく、いずれは終わってしまう…。

長い夏休みの終わりは小学生が初めて実感する諸行無常かもしれませんね。

 

8月は第二次世界大戦が日本にとって終わった月でもありますが

生まれてからずっと戦争だった人はその時「戦争って終わることができたんだ」と、びっくりした記憶があるそうです。

苦しいことも楽しいことも、必ず終わりが来るものなのですね。

 

8月はお盆の時期…。

人生もいずれは終わることに改めて気付かされます。

 

終わる前に何をするか。

間に合う内に仕上げたい宿題です。

7/15(土)の夕方4時からQVCでSTONE HENGEの水晶ジュエリーをご視聴いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

CSテレビでご覧になれた方もいらっしゃるかもしれませんが、ご視聴いただけなかった方は

インターネットならゆっくりとお好きな時間に数日内はご視聴可能です。

 

商品はお勧め品ばかりですので、よろしかったら

☞こちら

からチラリと覗いてみてください。

 

水晶パワーが皆さまを幸せにするといいなぁ、と願っています。

 

追伸: 「アーバンシック」と名付けた100cm超のネックレスでゲスト出演の鈴木がつけていたつけ方の手順は

☞こちら

(7月15日(土) 16:00 QVCにて放映でご紹介した水晶ミックスロングネックレス【アーバンシック】の着用例)

でご紹介しています。

 

6/2(金)の夕方6時からQVCでSTONE HENGEの水晶ジュエリーをご視聴いただいた皆様、どうもありがとうございました。

根性がないと視聴できない時間帯だったというご意見もありましたが、

ゆっくりとネットで数日内はご視聴可能です。

商品には自信ありますので、よろしかったら

☞こちら

からチラリと覗いてみてください。

水晶パワーが皆さまを幸せにするといいなぁ、と願っています。

 

ところでミネラルマルシェなどの展示会では、幅広い層のお客様が石のヒーリングパワーに関心を持っていらっしゃいます。

 

店長のまわりでも、科学的な頭脳を持った友人が、どうせ身に着けるなら、と古くから語り継がれている各種の効能を調べて素材を選んでいます。

 

店長自身は美しさや品質や希少性で石について語るのが好きだったので、さほど石のパワーは意識しませんでしたし、むしろ懐疑的だったのですが、

自然にふえていった経験の数々により、

石の波動 による効果というのはやはりあるのだろう、と素直に信じている自分がいつの間にかいます。

 

色や音が「波動」の性質を持つように、石はそれぞれ独自の「波動」を持っています。 その波動が誰にでも感じられるものではなくても、影響がないとは言えません。

 

たとえば当社の石博士のYさんは、ある地方の有名な寺社仏閣の土産物コーナーで、特にひかれる石を一つみつけたそうです。さわってみると、ビビッとくる感じ。ためしに、他の同じタイプの石も同じように感じるか、実験してみたところ、他のには何も感じない・・・。という訳で、特別な波長を感じたその石を購入して帰り、日々めでているそうです。そしてその石を持って大きな展示会に出張に行ったところ、目標の結果が得られたと。科学的な因果関係はわかりませんが、なんとなく安心感が持てたのはその石のおかげかもしれません。

 

そういう石との出会いを経験してきた人類の潜在意識が、人々が石のパワーを信じる力になっているのかもしれませんね。

 

何か石のパワーに関する体験談をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひシェアしていただけるとうれしいです。

 

 

春

 春は「木の芽時(このめどき)」と言って、精神的に不安定になりがちな季節と言われます。

 

進学や就職、転勤など、ストレスの多い時期だからかもしれません。 5月病と呼ばれる症状もこの時期ならではのものでしょう。

 

もう一つ原因として考えられるのは、自然のエネルギー量の多さ。

 

木が枯れた状態から花を咲かせるほどの変化を見せる時期ですから、

人間にもその膨大なエネルギーは影響しているはず。

エネルギーというのは使い方をまちがえると危険なこともありますからね。

 

では、春なのになぜか気分が暗い時はどうしたらいいか?

 

先日ネットで読んだ対処法はなかなかよかったです。

 

過去や未来のことは考えず、 とりあえず「今から60秒」のことまでを考え、それだけに対処する、と。

そして1分がなんとかなったら、次の1分へ。

 

かなり深刻な状態の人にも、

ちょこっとだけ暗い人にも、

ほとんど普通の状態の人にも、

この1分作戦は今に集中するのに効果がありそうだし、 おもしろそうです。

桜の咲くころ、
日本の学校や多くの会社では
新年度が始まります。

気持ちを新たにするには、
春のおとずれと同期をとって新年度がスタート、
というのは良いアイデアだと思います。

今年も新しい年度を迎えられたことに感謝しつつ、
満開の桜のように心華やぐ美しいものをお届けしたい
と願っています。

そして、心はなやぐ季節だからこそ忘れてはいけないな、と思うのが、
苦しい状況にある人々の存在…。

たとえば東日本大震災では、今も大きな影響を受けている方々がいらっしゃるようです。
熊本の大地震でも大変だった方はまだいらっしゃることでしょう。

災害だけではありません。
日本の子供の貧困率は約6人に1人、
母子家庭では2人に1人以上と聞きました。
日々の食事や学費が大変で、進学したくてもできない子供が増えているそうです。

日本だけではありません。
戦争になっている土地からは難民が避難を続け、祖国を心ならずも離れるだけでも大変なのに、新しい受け入れ先もなかなかない状況です。

考えるとため息が出てしまいますが、
せめて心に留める人がふえれば、
状況に変化が起こるきっかけはふえる気がします。
それに、ふだんから心を痛めていれば、そばにそういう人を見かけた時、たとえ無意識でも冷たい行動に出ることはなくなると思います。(福島の避難児童がいじめにあったとは、なんと悲しい事件でしょう。)

春だというのに暗い話題だと思われますか?

いえいえ、現実はいつだってチャレンジングなものです。

だからこそ、いつも心に太陽を!
春の空気には、
皆に分けへだてなく注がれる生命のエネルギーが、
みなぎっているような気がします。
春だからこそ
チャレンジングな課題に向きあう元気と明るさが
あたたかい日差しとともに降ってくる気がするのです。

深呼吸すれば、
知恵と勇気が
湧き上がってくるかも・・・。