いつも喜んでいなさい

先日テレビで見た【激レアさんを連れてきた】では大海原で数日にわたる漂流の末に救助された方が登場。

もはや完璧に絶望的な状況の中、クジラがまわりを泳いでいるのに気づいて、【よし、この際クジラをしっかり見てやろう】 と思ってクジラを追いかけていたら、助けてくれる船に出会ったそうです。

 

これに似ている、と思いだしたのが、世界的スキーヤーで登山家の三浦雄一郎さんが山で雪崩(なだれ)にあい、巻き込まれてクルクルと転がりながら【なんという贅沢! 】と思った、という話。次に気づいた時は、奇跡的に雪崩のてっぺんに座っていたそうです。

クルクル回りながら、うまいこと自分が上に来たところで、雪崩が止まったのですね。ウソみたいに。

 

もう一つ似ていると思ったのが、脳卒中から生還した脳科学者ジル・ボルト・テイラー女史が、自分が脳卒中になったと気が付いた瞬間の感想...【Wow, this is cool! (うわぁ、ステキ!)】

自分の内側から脳卒中を観察できる脳科学者なんていったい何人いるだろう、と思ったとか。

 

絶体絶命のピンチでも楽しめたら、面白くて奇跡的な展開が呼び込めるのかも。

そうでなかったとしても、いつでもなんでも面白がれたらいいですね。

ちなみにタイトルは聖書の言葉。実行すると御利益あり?!

 

梅雨どきで暗い気持ちになりそうな時は、きれいな色や輝きの天然石ジュエリーで明るく楽しんでみるのも一つの手ですよ。