乱世こそリラックス?

日本の歴史で乱世といえば、まず戦国時代。それから明治維新や第二次大戦直後も。
今までのシステムがこわれ、社会が変わりました。

今の日本は、長く平和が続いていますが、
静かに乱世に突入している気もします。
ネットや仮想通貨による経済の変化、老人の増加、人口の減少、などで。

中国では文化大革命が最近では一番の乱世でしょう。
中国が一般の人も行けるようになってまだ日が浅い頃、訪問する機会があり、
そのへんにいる人々が皆、肩の力が抜けきったような、リラックスというか、けだるいというか、独特の雰囲気だったのが印象的でした。

あきらめきっていたのかもしれませんが、
その「どうでもいい」みたいな姿勢は生き延びるのに有効だったんだろうな、と思いました。

大変な時こそ、肩の力を抜いた方が、いい知恵も浮かぶだろうし、
自分で自分を追い詰めることも少ないでしょう。

リラックスは、いつの時代も大事。
これからは毎日どこかのタイミングで深呼吸してリラックスするのを習慣にしようかと思います。
みなさまもいかがですか?